本文へ移動

太陽光発電

太陽光発電関連事業概要

1.大規模地上設置型太陽光発電所建設の施工管理を含む総合マネジメント
2.中小規模地上設置型並びにルーフトップ型太陽光発電システムの施工管理を含む総合マネジメント
3.太陽光発電設備の資機材の国内外からの調達
4.特高から低圧規模太陽光発電設備の保守管理業務
5.国内並びに海外プロジェクトの総合コンサルティング及びフィジビリティスタディ

太陽光発電関連事業内容

●太陽光発電事業に関して、プロジェクトの開発申請業務を含む事業全体のエンジニアリング、コンサルティングをワンストップオペレーションで提供。
 
●ここ10年来の太陽光発電事業で培ってきた経験をもとに、国内外の太陽光発電設備関連メーカーや大手総合商社並びに国内施工業者とのネットワークを活用して、川上から川下までの幅広いマネジメントを展開。
 
●総合エンジニアリング事業に加え、今後は既設太陽光発電所メンテナンス事業にも本格参入して行く。
同事業対応の為2020年8月に福岡事務所、同11月には神戸事務所、2021年3月に宮崎事務所を開設。各事業所に第2種電気主任技術者を配置済。
 
●太陽光発電事業の海外展開としてベトナム、カンボジア等アジア諸国への機材輸出、地上型発電所建設及びルーフトップ型発電システム総合エンジニアリング及びコンサルティングについても具体的検討に着手。

太陽光発電関連事業実績

A.国内太陽光発電関連事業:
固定買取制度が始まって以来、低圧から特別高圧にわたる多数の発電所建設プロジェクトに携わって来ており、その実績は2021年5月現在で累計約350MW規模を達成。
B.海外太陽光発電事業:
海外企業からの要請に応じ、太陽光発電エンジニアリングコンサルタントとしてフィジビリティスタディに主導的立場で参画。
  1. ベトナム大手電設会社からの要請に応じ、ベトナム南部で50MWの太陽光発電プロジェクトに関する現地踏査を含むフィジビリティスタディ業務に従事。
 
  1. 日系大手化学品製造会社からの要請に応じ、同現地子会社の電力コスト削減・自家消費型太陽光発電システム(6MW)構築の為の現地踏査を含むフィジビリティスタディ業務に従事。
 
2019年ベトナムにて火力発電所建設工事会社と提携協議実施。ベトナムでの地上設置型太陽光発電所建設プロジェクト及びルーフトップ型太陽光発電システムプロジェクトへの参画を予定し、2021年 合同プロジェクト開始予定。
TOPへ戻る